男性不妊専門外来

男性不妊専門外来の意義

不妊症の原因の半数は男性にあります。男性の不妊原因を特定し、適切な治療を行うことで精子の質や量が改善し、女性側の治療が可能な場合や不妊原因がない場合は、大半のご夫婦で体外受精や顕微授精などの高度生殖医療(ART)に頼ることなく、自然妊娠で妊娠することが可能となります。
また、併せて人工授精(AIH)や高度生殖医療(ART)を行う場合でも、妊娠率は飛躍的に上昇します。一方で男性不妊を放置してAIHやARTを行っても妊娠率は極めて不良であり、妊娠されても流産率が高くなることがこれまで判明しています。

当院では、女性側の一般不妊治療に最先端の男性不妊治療を組み合わせることにより、より自然な妊娠を実現します。また高度生殖医療(ART)が必要な場合でも、連携医療機関にて安心して治療いただくことが可能です。

熟練した男性不妊専門医が担当します。

当専門外来は、菅藤哲医師および市岡健太郎医師が担当します。菅藤医師および市岡医師はそれぞれ東北大学医学部、京都大学医学部を卒業後、ともに日本泌尿器科学会認定泌尿器科専門医および、日本生殖医学会認定生殖医療専門医を取得された、日本を代表する男性不妊専門医です。

診療内容

□乏精子症
□精子無力症
□無精子症(閉塞性/非閉塞性)
□クラインフェルター症候群
□精索静脈瘤
□低ゴナドトロピン性男子性腺機能低下症
□射精障害(腟内射精障害/逆行性射精/早漏)
□勃起障害(ED)
□顕微鏡下精巣内精子回収術(microdissection TESE)
□精子凍結保存

診療時間・ご予約

□診療日/第1・第3金曜日:午後3時30分~午後7時30分(受付最終/午後7時)
□完全予約制/当日でも空きがあれば予約可。
 診療は女性パートナーが当院を受診されておられる方が優先となります。女性パートナーが他院で治療中の方は、それまでの治療結果と診療情報提供書をできるだけご持参ください。
□男性不妊専門外来につきましては、患者様おひとりおひとりへの対応を十分にとらせていただくために、自由診療となっております。詳細につきましては、遠慮なくお問い合わせください。
□問診票
・初診時、ご記入のうえ持参いただくことができます。
・男性不妊専門外来専用の問診票をご利用ください。
⇒詳細はコチラ

page top