精索静脈瘤専門外来

精索静脈瘤の早期発見・早期治療の意義

不妊症の原因の半数は男性にあります。男性不妊の原因として、大変重要な疾患が精索静脈瘤です。精索静脈瘤は比較的よく見られる疾患で、一般男性の約15%、男性不妊症患者の約40%に認められます。また、続発性不妊、いわゆる二人目不妊の78%は精索静脈瘤が原因といわれています。
WHO(世界保健機関)では、「9034人の不妊男性を調査した結果、精液所見が悪い男性の25.6%、精液所見が正常の男性の11.7%に精索静脈瘤が認められた」と報告しています。
つまり、お子さんができにくい悩みをもつご夫婦のなかには、実は男性側に精索静脈瘤が隠れており、早期に発見し、早期に適切な治療を受けることにより、赤ちゃんが授かるケースが多々あるわけです。

ところが、多くのご夫婦は、精索静脈瘤について知る機会が少ないという現実があります。ぜひ、精索静脈瘤について正しい知識を得てください。

精索静脈瘤は唯一、治療可能な男性不妊の原因です

精索静脈瘤は男性不妊の原因のうち、取り除くことのできる唯一の原因といっても過言ではありません。なぜなら、手術で治療することができるからです。
男性不妊の原因で最も多いのが造精機能障害です。造精機能障害は受精能の高い精子を作る力が弱いことをいい、精子数が少ない乏精子症や運動性の低い精子無力症、無精子症などがあります。これまでは、造精機能を高める方法として、ホルモン療法や漢方薬療法などがありましたが、有効性は必ずしも高くなく、したがって高度生殖医療(ART)のひとつ、顕微授精(ICSI)に頼らざるを得ませんでした。
しかし、精索静脈瘤の場合、手術治療によって造精機能が改善し、大半のご夫婦で体外受精や顕微授精に頼ることなく、自然妊娠で妊娠することが可能となります。原因によっては体外受精や顕微授精でなければ妊娠が難しい場合もありますが、これらのケースでも、精索静脈瘤の治療後は妊娠率が上昇します。

気になる方は精索静脈瘤スクリーニング検査を受けましょう。

精索静脈瘤は、精巣周辺の陰嚢に静脈瘤(静脈が拡張してできたコブ)ができた状態をいいます。本来は精巣から腎臓の静脈へと流れるはずの血液が逆流してしまうため、精索静脈がコブのようにふくれてきます。自己検診で気がつく場合もありますが、男性不妊の専門医であれば、短時間の診察(視診・触診など)と超音波検査で正しい診断が可能です。
気になる方はぜひ、早めにスクリーニング検査を受けるよう、お勧めいたします。
精索静脈瘤の症状や自己検診の方法については、「精索静脈瘤のための自己検診」を参照ください。

熟練した男性不妊専門医が担当します。

当専門外来は、菅藤哲医師および市岡健太郎医師が担当します。菅藤医師および市岡医師はそれぞれ東北大学医学部、京都大学医学部を卒業後、ともに日本泌尿器科学会認定泌尿器科専門医および、日本生殖医学会認定生殖医療専門医を取得された、日本を代表する男性不妊専門医です。

診療内容

□精索静脈瘤スクリーニング検査
□セカンドオピニオン(体外受精の結果相談、無精子症手術後相談、精索静脈瘤術後相談)

診療時間・ご予約

□診療日/第1・第3金曜日:午後3時30分~午後7時30分(受付最終/午後7時)
□完全予約制/当日でも空きがあれば予約可。診療は女性パートナーが当院を受診されておられる方が優先となります。女性パートナーが他院で治療中の方は、それまでの治療結果と診療情報提供書をできるだけご持参ください。
□精索静脈瘤専門外来につきましては、患者様おひとりおひとりへの対応を十分にとらせていただくために、自由診療となっております。詳細につきましては、遠慮なくお問い合わせください。
□問診票
・初診時、ご記入のうえ持参いただくことができます。
・男性不妊専門外来専用の問診票をご利用ください。
・気になりつつ泌尿器科を受診していない方は、精索静脈瘤自己検診票をご利用いただけます。
⇒詳細はコチラ

page top