更年期

更年期とは

女性はいつか閉経を迎えます。月経のリズムを刻んできた卵巣の働きが低下し、卵巣から分泌される女性ホルモンの分泌量も低下します。しかもそのスピードはかなり急激なので、卵巣の働きをコントロールしている脳の視床下部や下垂体から分泌されるホルモンにも乱れが生じます。

このようなホルモンバランスの乱れは、閉経を挟んだ約10年間に顕著なため、この期間を更年期と呼んでいます。

更年期には、さまざまな症状を伴うことがあり、日常生活に支障をきたすような強い症状を更年期障害といいます。しかし、個人差が多いのも事実です。

以下のような方は早めにご相談ください。

月経が数か月おきになったり、少量の出血がだらだらと続く場合、更年期(卵巣機能低下)が疑われます。

突然、顔がほてって赤くなったり、汗が出る。あるいは、背筋や足元にゾクッとした寒気が走るような場合、多くは更年期による女性ホルモン減少の典型的な症状です。

急にイライラして、職場や家庭で人に当り散らしたくなる。あるいは、気分が落ち込み、外出や人との交流が重荷になった。このようなイライラや気うつの症状は、更年期の心因性症状のことが多くあります。

一昨日は頭痛、昨日は心臓の動悸、今日はめまいなど、日替わりメニューのようにさまざまな症状が起こる場合、更年期による不定愁訴(自律神経失調症)の可能性が高いものです。

当院更年期診断の特徴

更年期のタイプを診断します

更年期症状には、ホルモン欠乏型、心因型、両者の混合型、そして稀に仮面うつ病が隠れている場合があります。当院では、オリジナルの問診表によって更年期のタイプ診断を行ったうえで治療を行います。

また、心因性症状の場合、ご本人の神経質な性格が深く関係していることが多く、当院では、神経質タイプかどうかも含めて診断を行い、治療法を選択しています。

自律神経の失調症状を重要視します

更年期には自律神経失調症状(不定愁訴)を伴うことが多く、本人は日々つらい思いをしながらも周囲には理解されにくいために、症状がより深刻になることがあります。早めの対策が必要なため、当院では、自律神経の失調症状の診断に力を注いでいます。

ていねいな問診を行います

更年期症状があっても、ご本人は気がついていないことがあります。とくに、心因性の症状の場合、更年期と結びつけて考える方は少ないものです。また、自律神経失調症は不定愁訴といわれ、その症状は多彩、しかも症状の程度も千差万別です。さらに、更年期の症状は、職場や家庭環境の影響を受けやすく、当院では、ていねいな問診を行い、症状の起こる背景を探っていきます。

page top