更年期

体にやさしいホルモン療法を行います

第一選択肢は、減少した女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)を補うホルモン補充療法です。しかし、更年期は自然な加齢現象です。50代の方が無理に30代のホルモン環境となったのでは、かえって負担がかかる可能性もあります。

加齢による生理的変化に逆行しすぎない補充量であることが重要です。また、症状の原因や程度は個人差も大きく、心因性症状との兼ね合いも判断しないといけません。

当院では、患者様の症状の程度に応じた体にやさしいホルモン療法を行います。オーダーメードの治療法とご理解ください。

●テストステロンを併用することがあります
テストステロンは男性ホルモンです。男性にも少量の女性ホルモンが分泌されているように、女性の場合も、卵巣や副腎から少量の男性ホルモンが分泌されています。テストステロンは「やる気を起こすホルモン」といってもいいでしょう。疲労感が強い、意欲が減退しているなどの症状に困っている場合には、女性ホルモンと男性ホルモンの混合剤で治療をいたします。

●ホルモン剤の使用法を丁寧にアドバイスします
エストロゲン剤のひとつに添付剤(パッチ)があります。原則として左右の下腹部、左右卵巣の位置に貼りますが、なかにはかぶれやすい方がいます。このような方には、別の部位、たとえば足の裏などに添付していただきます。これらは一例です。処方薬については目的、期待できる効能をはじめ、使用法についても丁寧に説明をいたします。

漢方薬治療を行います

ホルモン補充療法への抵抗感が強い女性もいます。体にやさしいホルモン療法をお勧めしても、ホルモンという単語に抵抗感があるのでしょう。このような方の場合には、漢方薬単独、ホルモン療法と漢方薬の併用をお勧めしています。また、自律神経失調症状には、漢方薬が有効なケースも多くあります。

行動療法の勧め

更年期の諸症状はときに、自信喪失を招くことがあります。このため、外出を嫌う、友人との交流を避けるなど、家に閉じこもりがちになる女性もいます。当院院長は長い間、更年期の診療にあたってきた経験から、行動療法をお勧めしています。

自信の回復を待ってから外に出るのではなく、まず、化粧をし、コスチュームを調え、一歩、足を踏み出す勇気をもつお手伝いをいたします。

page top