不妊症

不妊症の検査

お子さんが欲しいのにできにくいご夫婦の場合、まず不妊症かどうかを診断することが必要です。このため、不妊原因を把握する目的で、不妊症のスクリーニング検査を受けていただきます。

たとえば、内分泌因子(ホルモン因子)による排卵障害が疑われる場合の検査項目としては、基礎体温表の評価と診断、血液検査によるホルモン測定、超音波検査などがあります。

卵巣や子宮の状態、ホルモンの値などは月経周期によって大きく変化します。

そのため、女性の検査は月経周期に沿って進めていくこととなります。

女性が受ける主な基本検査

以下に当院が主に行う基本検査の内容を紹介いたします。

●超音波検査:経腟プローブという細い棒状の器具を腟内に挿入する経腟超音波検査です。
経腟超音波検査では、至近距離から子宮や卵巣を観察できるため、たとえば子宮筋腫の有無(大きい場合には不妊症や流産の原因になることがあります)や、子宮内膜症(卵巣内に嚢胞ができている場合には排卵障害の原因になります)、月経周期に応じて卵胞が発育しているかどうか(排卵の有無を判断する助けになります)などを診断することができます。

●卵管通水検査:卵管の通過性を調べます。
卵管内に生理食塩水を注入して、卵管の通りを調べる検査です。子宮卵管造影のようにX線を使用しないため、被爆せずに卵管のスクリーニング検査が可能です。

●子宮頸管粘液検査:子宮頸管から頸管粘液を採取し、性状を調べます。
頸管粘液とは子宮頸部から分泌される粘液で、月経周期によって量や性状が変化します。性状を調べることで排卵時期を推測するとともに、精子の通過性に適した性状かどうかを判断します。

●フーナーテスト:性交後、頸管粘液中の精子の数や運動性を調べます。
排卵時期に性交をもってもらい、数時間後に子宮の入り口(子宮口)や子宮頸管内から粘液を採取し、進入した精子の数や運動性を顕微鏡で調べます。
精子が一定数進入できていれば、精子数や運動性には問題がないと判断できます。また、子宮頸管粘液の量や性状にも問題がないと推測できます。一方、精液検査に異常がないのにフーナーテストの結果が悪い場合には、抗精子抗体が疑われます。
なお、フーナーテストは排卵時期を特定しての性交となるため、タイミング法を兼ねています。実際にフーナーテストで妊娠するケースもあります。

●抗精子抗体:血液検査で抗精子抗体の有無を調べます。
抗精子抗体(精子を不動化する抗体)があるかどうかを調べる検査です。抗精子抗体が陽性で程度の高い場合には、体外受精の対象となります。

●クラミジアの検査:クラミジア感染症の有無を調べる検査です。
クラミジア感染症は卵管狭窄・卵管閉塞の原因となるため、大変重要な検査項目です。抗体を調べる方法(過去にかかったことがあるかどうかがわかります)と、抗原を調べる方法(現在かかっているかどうかがわかります)があります。

●各種ホルモン検査

血液検査

血液中のホルモンを測定することで、卵巣の働きや、排卵障害の原因がどのホルモンの乱れによるものかを調べます。
AMH(抗ミュラー管ホルモン)・FSH(卵胞刺激ホルモン)・LH(黄体形成ホルモン)、エストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)、プロラクチン(乳汁産生ホルモン)、T3・T4・TSH(甲状腺ホルモン)、テストステロン(必要な場合)、内分泌負荷テスト(必要な場合)などかあります。
AMHについてはAMHの項を参照ください。

AMH検査ページへ

尿検査

尿中のLHの量を測定することで、排卵時期を予測します。

若年性更年期(早期卵巣機能低下症)を鑑別します

更年期は、卵巣機能の急激な低下によるホルモンバランスの乱れが原因です。多くは自然な加齢により、40代後半から始まりますが、なかには20代、30代から卵巣機能が低下する方もいます。背後には、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)があると考えられます。

多嚢胞性卵巣症候群は不妊の原因になるだけでなく、生活全般のクオリティにも大きく影響します。このため、当院では、卵巣機能の把握とともに、多嚢胞性卵巣症候群の早期発見・早期治療を行っております。

男性が受ける主な基本検査

●精液検査:精子の数や運動性、奇形率などを調べます。
精液検査は、男性不妊の有無を知るために必須の検査です。マスターベーションで採取した精液を、顕微鏡で観察し、精子の数や運動性、奇形率などを調べます。以下に、精液検査を受ける際の注意事項を整理します。

禁欲期間
3~4日程度、禁欲してから採取します。禁欲は射精しないことなので、性交のほかマスタベーションも控えます。禁欲期間が長すぎるのもいけません。11日以上の禁欲は運動率が低く、奇形率は高くなるといわれています。

採取の方法
手を洗い、清潔にしてからマスタベーションで採取します。コンドームへの採取は、コンドームに含まれる殺精子剤の影響を受けるため使用不可です。

クリニック内での採取が理想的です
本来は検査を受ける医療機関の中で、専用の容器に採取するのが理想的ですが、どうしても都合がつかない場合には自宅で採取し、持参してもかまいません。

自宅で採取する場合の注意事項
・容器は、医療機関が提供する容器を使います。
・採取から時間がたつと、とくに運動率を正しく測定できません。できれば1時間以内に届けましょう。
・精液は低温(20度C以下)および高温(37度以上)で、運動性が低下するといわれています。寒い冬、暑い夏は十分に気をつけてください。

検査は2回以上行うことがあります
同じ方でも体調や採取場所などにより、結果が変動する場合があるため、1回の精液検査で診断せず、2回あるいはそれ以上の回数を行うことがあります。診断の正確性を期すためのものとご理解ください。

精液検査の正常値(当院の場合)
精液量 1.5ml以上
精子濃度 1500万/ml以上
総精子数 3900万以上
生存率 58%以上
前進運動精子率 32%以上
正常形態精子率 30%以上
白血球濃度 100万/ml未満

●当院では、いつでも精液検査を受けていただくことができます。
●専用の独立した採精室をお使いいただけます。
●精索静脈瘤の早期発見のために、ぜひ自己検診票に記入、ご持参ください。

精索静脈瘤のための自己検診ページへ

page top